ソーラー・太陽光発電システムのことなら屋根の専門家が安心・格安施工を提案します・愛知県碧南市の株式会社 藤井

HOME > ソーラー・太陽光発電ことなら株式会社藤井の安心安全施工

HOME > ソーラー・太陽光発電ことなら株式会社藤井の安心安全施工
ソーラーパネル、太陽光発電システムのことなら屋根の専門家にまかせて安心

ソーラー・太陽光発電システムのことなら屋根の専門家・株式会社 藤井が
安心・格安施工を提案します。

太陽光発電システムは環境保全に貢献できます。

solersetsumei01.jpg

シリコン半導体などに光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の光エネルギーを電気に変換する発電方式です。ソーラー発電とも呼ばれています。
4.6kWシステムの場合、年間予測発電量は5,376kWh(※2)となり、CO2の排出削減量(※3)は年間約1,691kg-CO2に。これは平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガス(約5,040kg-CO2(※4))の約33.5%が削減できることになります。また、同時に電気代の大幅な節約も期待できます。

※1 CO2削減率(%)=CO2 削減量(kg-CO2)÷5,040(kg-CO2)
※2 発電量シミュレーションによる
※3 CO2の発生量は、太陽電池生産時に発生するCO2の発生量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.3145kg-CO2/kWhで試算。
※4 日本の平均的な1世帯から出る温室効果ガス排出量は年間約5,040kg-CO2 (財団法人 日本環境協会内 全国地球温暖化防止活動推進センター 資料より)
※5 火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして計算。

太陽光発電システムで作った電気は無駄になりません。

solersetsumei02.jpg

昼間の電気が太陽光でまかなえておトク。

昼間は、太陽光で創った電気で、照明やエアコンなどのさまざまな電気設備をまかない、電力会社の電気をあまり使わずにすみます。

使わず余った電気は電力会社に売れておトク。

使った電気の量より、太陽光発電で創った電気の量のほうが多くて余ったら。その余った電気は自動的に電力会社に買い取ってもらえ、とってもおトク。これを「売電」といいます。

太陽光発電システムは補助金制度の対象になります。


国からの住宅用太陽光発電システム導入支援補助金(平成25年度)

1. 補助対象となるシステムの上限金額と補助金単価の2段階化について
補助金額は1kW当たりのシステム価格(税抜き)に応じて、下記2種類どちらかの補助単価で申請することになります。
(1) 1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの … 3.0万円/kW を補助
(2) 1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの … 3.5万円/kW を補助

(備考)
1kW当たりのシステム価格=補助対象経費÷太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値となります。
1kW当たりのシステム価格の算出における太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値の上限は9.99kWとします。

市からの新エネルギーシステム導入促進費補助金制度
(平成25年度・碧南市の場合)

碧南市内に居住しており、住宅や併用住宅(居住部分が1/2以上)に新たに太陽光発電システムを設置する個人が対象。

碧南市では最大20万円(4kW)

各自治体(市)の太陽光発電システム導入補助金制度については下記の補助金サーチで検索ください。


屋根・外壁リフォーム・塗替え

お問い合わせはお気軽にどうぞ!
4e8521db72e25.png4e8521db72e25.png
全国のそらやねっと加盟店