屋根葺き替え・外壁塗装なら屋根の専門家へ・愛知県碧南市の株式会社 藤井

HOME > 屋根外壁塗装 > 屋根葺き替え・外壁塗装なら屋根の専門家へ

HOME > 屋根外壁塗装 > 屋根葺き替え・外壁塗装なら屋根の専門家へ
屋根・外壁塗装リフォームのことなら屋根の専門家にまかせて安心

屋根・建物は老朽化していきます。

ご確認ください!外壁に白い粉が浮いていませんか?
外壁にカビや藻が付いた様に見えませんか?

外壁の塗装は10年が目安です。建物診断しませんか。

IMG_3655.jpg屋根や建物の外壁塗装は、新築時から10年前後で、品質や環境条件による劣化損傷が目立ち始めます。そのまま放置すれば、建物の資産価値を損なうことだけでなく、雨漏りの浸水による建物の柱や床のカビ、シロアリの浸食など被害が大きくなる前に、点検・補修をお勧めしています。


岐阜県 大垣市 K様邸
外壁のひび割れが目立ってきて雨漏りなどが心配で。

雨漏りの多くは外壁材のつなぎ目から発生します。そのつなぎ目はシーリング材(ゴム状のもの)で保護されます。しかし経年によりつなぎ目はシーリング材が硬化・劣化等で止水の役目が果たさていないのが現状です。外壁材の中に雨が侵入し柱、壁材等を腐らしてしまいます。外壁の目地の割れ、ヒビが目立つのであれば、外壁塗装とシーリング材打ち替えを当社では、お勧めしています。

DSC_0014.jpg外壁塗装後(カラーチェンジ)外壁塗装とシーリング材打ち替えと同時に外壁カラーを変更してイメージチェンジされるお客様も多くなりました。価値あるリフォームご提案します。外壁の目地の割れ、ヒビが気になる方は一度「当社の無料診断」をされてはいかがですか?
DSC_0077.jpg塗装前


愛知県 碧南市 Y様邸
昔ながらの屋根で雨漏りが酷く、軽い屋根にリフォーム。

昔ながらの和瓦の多くは、粘土土を使っており、防水紙のほとんど防水性はありません。したがって雨風の強いときなどは、どこからともなく雨が侵入する可能性が高いのです。その上、粘土土が雨水を吸収して敷いてある粘土土は非常に重たい屋根になり柱にもたいへん重い負荷をかけます。こんなときに地震でも起きたらたいへんのことに…。

yaneimage01.jpg屋根の葺き替え完成その重い粘土土をなくすだけでも重さは半分なりますが、当社では、ガルバリウム鋼板などの軽い屋根をおすすめしております。加重は何十分の1になります。当然耐震性はかなり上がります。気になる方は一度「当社の無料診断」をされてはいかがですか?
yaneimage02.JPG屋根の葺き替え工事(瓦の撤去)

yaneimage03.JPG屋根の葺き替え工事(粘土の撤去)

yaneimage04.JPG屋根の葺き替え工事(粘土の撤去作業)

yaneimage05.jpg屋根の葺き替え工事(防水)



屋根・外壁リフォーム・塗替え










4e8521db72e25.png4e8521db72e25.png
全国のそらやねっと加盟店